汗っかきの症状と分類

汗っかき、多汗症、わきがにはそれぞれ症状があり、微妙に違います。

多汗症・・・多汗症はエクリン腺から分泌される汗が多いことによって起こります。
汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の二つがあります。
このうちエクリン腺から汗が必要以上に出てしまう体質が、多汗症です。

全身に汗をかきやすい場合は全身多汗症、手のひら、足の裏、わきの下など部分的に汗をかきやすい場合は、局所性多汗症と分けられます。
多汗症の人がたくさん汗をかくの、緊張や不安によるストレスがきっかけです。
たとえば人前に出たときなどの緊張で交感神経がくるってしまうと、体温とは関係なくエクリン腺より汗が多く出ます。

わきが・・・多汗症の原因がエクリン腺なのに対し、わきがはアポクリン腺からの汗と最近が混ざることによってにおいが生じます。
多汗症はわき以外からも汗が出るため、わきがとは症状も異なります。

汗っかき・・・運動したときや気温が高いときに体温調節によって多く汗が出ます。

と、これはあくまでも一般的に解釈すると、ということで、実際はもっと複雑なものだと思ってください。