ストレスが手汗の原因?

手汗が多くなってしまう症状の原因は、精神的なものが多いと言われています。
人は緊張したり、ストレスを感じると、交感神経の働きが高まります。
そうなると汗腺の働きも活発になり、手汗が多くなるのです。
異常な量の手汗をかいてしまうと、自分が認識するだけでなく、人に知られることで恥ずかしいと思ったり、どう思われるかと気になります。
そしてまた汗が出てしまったらどうしようと、常に不安になってしまうのです。
そういった繰り返しが益々ストレスになって、手汗を悪化させる面もあります。
逆に、気持ちがとてもリラックスしている時は、普段手汗に悩んでいる人でも手汗は少なくなるようです。
日常生活の中で、人は多かれ少なかれ緊張やストレスを避けられません。でもそれを必要以上に気にしたり、神経質になったりせず、できるだけ自分なりに気分転換をしてみるなどの工夫が必要です。
手汗についての悩みも自分だけでくよくよ考えず、病院に相談したり、対処法を探したり、積極的に対策を取って、少しでも不安な気持ちを取り除けるようにしましょう。