汗っかきの予防法

汗の量については、もともとの体質も関係しているため予防が難しいですが、肥満が原因の場合は肥満を治せば改善することができます。

多汗症の場合は普段の生活、特にストレスに注意することで予防ができます。
特に交感神経に刺激を与えないことが重要なポイントとなります。
原因はさまざまですが、やはりストレスが大きく絡んでいます。

もともと緊張の多い人や几帳面な人、心配性の性格の人はストレスがたまりやすく、多汗症につながりやすい傾向にあります。
性格に関係なく仕事や人間関係でストレスがたまっている人、睡眠不足や不規則な生活でもストレスはたまりますので要注意です。
休みの日は音楽を聴いたり映画を見たり、趣味を楽しんだりしてリラックスできる環境を整えましょう。

食生活としては、肉類や脂っこい食べ物を極力避けることが重要です。
汗腺を刺激するコーヒーもおすすめできません。
もちろんバランスの整った食事を心がけることが基本となります。