手汗を抑えるオドレミンの効果

オドレミンは、無臭性でべたつかないタイプの制汗剤です。
手のひらやわきの下など、汗のかきやすい場所に塗布するのが一般的な使い方です。

腋臭の人などに病院で処方される薬にも、その成分が含まれていることから、汗の臭いを抑える効果もあるのです。
主な成分は塩化アルミニウムで、皮膚の発汗を抑制する働きのある成分として知られています。

手汗がひどいと悩んでいる人でも、オドレミンを塗りこむことでその症状が改善したというケースも多くあります。
その反面、長く使っていることで肌が弱い人などは、手が荒れてしまうといったこともあるので、その場合は水で希釈して使用するなどの工夫が必要になります。

一度塗布すれば、二日ほどは効果が持続するとされているので、入浴後の清潔な状態で良く乾燥させてから指ですり込むように塗るのがいいでしょう。
それでも臭いが気になるという人には、オドレミンがしっかり乾いたあとで、他の制汗剤を使用するという方法もあります。