汗っかきの改善法

汗っかきは体質的な問題のため、改善は難しいといえます。

汗がにおわないように、こまめに衣服を交換したり、シャワーを浴びたりして普段の生活に気をつけましょう。
また、肉類や乳製品のとりすぎは、汗のにおいや体臭の原因となるので注意が必要です。

汗っかきも多汗症も程度が違うため、誰もが必ず病院にいかなければいけない、というわけではありません。
多汗症の場合は、普段の生活や食事に気をつけることで、ある程度症状を抑えることができます。
症状を治療する注射、薬、手術もあります。
症状がひどい場合は専門医に相談し、自分に最適な治療法を見つけましょう。

汗の量を抑える効果のあるツボや漢方薬もあります。

特に漢方薬は最近注目を浴びています。
手術に不安のある人、心療内科・精神科などに通うのに抵抗がある人は、利用してみてもいいでしょう。
漢方薬の種類としては、防已黄耆湯、桂枝加黄耆湯、柴胡桂枝乾姜湯などがあげられます。