塩化アルミニウムを薬局で購入するには

多汗症対策として塩化アルミニウムの購入を考えている人は、そもそもどこで購入すればいいのかと迷っているかもしれません。
2009年の薬事法改正によって、塩化アルミニウムの扱いが変わったそうですが、認可を受けた薬局でならば購入することは可能なようです。

また、オドレミンなどの医薬部外品としてならば普通の薬局で手に入れることができるので、まずはそちらを購入してみるのもいいでしょう。

どうしても塩化アルミニウム液がいいという人は、病院の皮膚科で処方してもらうといった方法もあります。
多汗症の治療として処方している病院も多いので、相談してみるのもいいでしょう。

病院でもらえるものならば、自分の状態に合った濃度に調節してくれて、保険も効くので安く購入することもできるのです。
濃度については病院のものは20%を越えるもので、市販のものはそれよりも薄いと考えてください。

濃度が濃ければその分効果も高いと考えられますが、その反面、かぶれやかゆみといった症状を引き起こすリスクも知っておきましょう。