ミョウバン水を作って手汗を抑える

手汗を抑えるために制汗剤を使っているのならば、ミョウバン水を試してみるのもいいかもしれません。
ミョウバンは添加物として食品などにも使われている人体に安全なものなのです。
主に殺菌作用があるとされていますが、収斂作用によって汗を抑える効果もあるのです。

収斂作用とは、肌を引き締める効果のことで、ミョウバン水の成分が肌のたんぱく質に影響を及ぼすことで起きる効果なのです。
原液のまま使用すると肌荒れの原因になるので、通常は20~50倍程度に水で希釈して使用するのがいいでしょう。
初めは薄いミョウバン水を使いながら、効果を見て濃さを調節していくのがいいでしょう。

汗を抑える働きを強めようとあまり薄めずに使用すると、肌の弱い人などはすぐにかぶれてしまうので注意が必要です。
ペットボトルと霧吹きを活用して自分で容器と溶液を作ることができるのも特徴です。

使い続けると効果が薄れることもあるので、制汗効果が出てきたら、いったん使用をやめて経過を見守るのも大切なポイントです。