ハンドクリームは手汗をどれだけ抑えられるか

手のあせがひどいと悩んでいる人で、手頃なハンドクリームなどを使ってどうにか症状が改善できないかと努力している人もいるでしょう。
その症状が軽い人ならば、さらさらパウダーなどが入ったハンドクリームを塗ることで症状が改善したように感じることもあるかもしれません。

しかし、手汗がとにかくひどいという人では、手のひらに塗っていたものがあせに溶けてしまい、ヌメヌメとした余計に不快な状況になってしまったという人もいるのです。
あせをかきやすいというのは多汗症という症状であることは知られていますが、手汗にも手掌多汗症という名前が付いていることまで知っている人は少ないかもしれません。

仕事中だったり、緊張した時などに、気が付くと手のひらがぐっしょりという人は手掌多汗症である可能性があります。
そういった人でも、常に手が湿っているとは限りらず、むしろカサカサになってしまう時もあります。そういったときは、ロート製薬の「うるおいさらっとジェル」や、プロフェールの「タッチパネル ハンドクリーム」などのジェル状で肌をサラサラにするタイプのものを選ぶといいでしょう。

症状がひどい場合は制汗作用のある塩化アルミニウムを含んだ制汗剤のほうを活用することをオススメします。